労働条件について詳しく聞いておく

仕事をする前に知るべき労働条件

新たに仕事を始める時に、会社側から労働条件を聞いておくことは大切です。人によっては職種や金額だけ見て働くことを決めてしまいがちですが、労働条件を知らなければ仕事が上手くいかないかもしれません。労働条件とは国の労働基準法により、会社側が労働者に対して明示する必要があると定められているものです。その職場であなたが働くときに接する多くの事柄が、労働条件に関わっています。例えば具体的な業務の場所や内容はもちろんのこと、朝から夕方までなどの労働時間、休憩時間や休日、そして給与が幾らになるかなどです。労働条件は求人広告や会社のサイトなどに提示されているものだけが全てではありません。そのため電話問い合わせや面接の時に、できるだけ話を聞くことが重要になります。

労働条件をちゃんと聞かない場合のリスク

予め労働条件を聞いておかないと、新たな職場では様々な問題が発生しかねません。例えば求人情報や面接では事務作業とあったのに、実は荷物を運んだり掃除するような雑務が含まれるケースがあったりします。また労働時間は求人広告では実質8時間とあっても、実は残業ばっかりだったりする会社も存在しています。休日についても週休2日のはずが、休日出勤してくれないかなど言われ、新人だから断れずに疲労困憊になるケースもあります。といった風に世の中には、法律で決められているはずの労働条件をきっちり守っていない会社も存在します。そんな苦労が続くことで、後悔したり仕事を辞めたくなったりしてしまいそうです。労働条件をきちんと聞いておけば、後悔もないかもしれません。

工場の求人は、そこで作っている製品の製造を行う業務を担当することもあれば、仕分け作業を担当するケースもあります。