自己分析と企業分析を徹底的に行う

自分のスキルや適性に合う職場を見つけよう

仕事探しで失敗をしないためには、早いうちから自己分析を行って、自分にとってどのような職場が向いているのか冷静に判断することが大切です。特に、同じ職場でなるべく長く働きたい人は、自分のスキルや適性に合うかどうか、求人票や志望企業のホームページを参考にしながら見極めをすることが肝心です。最近では、採用後の主な業務内容や、仕事に必要なスキルについて求職者向けに詳しく紹介している企業も多くあるため、時間を掛けて就職先の候補を見つけることがポイントです。なお、自己分析の方法について悩んでいることがあれば、人材紹介会社やエージェントに在籍するキャリアコンサルタントに相談をしたり、就職を成功させた同年代の人の体験談を参考にしたりするのがおすすめです。

企業の将来性の有無について慎重に確認しよう

一つの企業で定年まで働き続けるには、就職活動中に企業ごとの経営状態や事業内容、従業員数など大事なポイントに注目をして企業分析をじっくりと行う必要があります。新卒者や中途採用者の採用に積極的な企業の中には、企業分析に役立つ情報を求職者側に提供しているところも多くあるため、信頼できる情報を用いて職場探しをすることが大切です。また、新卒で就職をする人は職場選びで重視すべきポイントが分からないこともあるため、在籍する大学の就職課に相談をしたり、先輩にアドバイスをもらったりするのも良いでしょう。その他、志望企業を決めるうえで、就職活動の合間に興味のある業界の優良企業が多く集まるセミナーやフェアに参加してみましょう。